[ハンガリー料理]パプリカ香る具材たっぷり牛肉スープ     グヤーシュ-レシピ-

[ハンガリー料理]パプリカ香る具材たっぷり牛肉スープ     グヤーシュ-レシピ-
DSC_0374

グヤーシュ(Gulyas)とは

ハンガリーの代表的な料理の一つで、家庭でも日常的に食べられています。日本でいう「味噌汁」がハンガリーのグヤーシュのような感覚です。ドイツではシチューを指す場合もありますが、ハンガリーが起源の料理です。日本語に直訳すると「牛飼いの鍋」と訳せるように、牛肉を野菜とパプリカで煮込んだ具だくさんのスープになります。現在では、オーストリアやスイスなど広い地域で親しまれていて、地方によってさまざまなスタイルで親しまれています。

材料(4人分)

  • 野菜 
    • トマト      1個
    • 玉ねぎ      1個
    • 赤パプリカ    1個
    • セロリ      1本
    • 人参       半分
    • 牛肉(シチュー用 すね肉など)    200g
  • 調味料+水
    • 水        1000ml
    • パプリカパウダー 大さじ1
    • 酢(簡単酢)     大さじ1
    • 塩        小さじ1少々
    • 胡椒       少々
    • ローリエ     1枚

作り方

  1. お鍋を二つ用意します(1つは①スープを取る用、もう一つは②煮込み用です)
  2. ①で牛肉でスープをとります。牛肉に軽く塩コショウをして表面を焼き色が付くまで焼きます。焼けたら水1000mlをお鍋に入れて沸騰したら弱~中火でコトコト煮ます。*お肉は後で切るのでそのまま焼きましょう
  3. 牛肉でスープを取っている間に野菜を切ります。玉ねぎは粗みじん切り、にんにくは薄く輪切りにします。②煮込み用の鍋にサラダ油を敷いてにんにくを弱火で熱します。ふつふつと泡が出たら、玉ねぎを追加して、飴色に近づくまでじっくりと焼きます。
  4. 玉ねぎとにんにく以外の野菜は1cm角に切ります。セロリの葉っぱは切らずに束ねてタコ糸でくくっておきます。
  5. 玉ねぎが飴色っぽくなってきたら、パプリカパウダー 大さじ1を入れ、その後酢を入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜます。粉が残る場合は、①牛肉のスープを少し取って入れてもいいです。
  6. 混ざったら、②煮込み用の鍋にほかの野菜も入れて軽く炒めます。
  7. 牛肉を煮込み中の鍋から牛肉を取ります。スープはすべて②煮込み用の鍋に入れます。
  8. 牛肉も1cm角に切って②煮込み用の鍋にもどします
  9. ローリエ1枚、束ねたセロリの葉も②煮込み用の鍋に入れます。
  10. 蓋をして時々アクを取りながら弱~中火で30分ほど煮込みます。
  11. 塩小さじ1を入れます。味を見て量は調整します。胡椒で味を調え、さらに10分ほど煮込んで完成です。


まとめ

日本食ではなかなか使わないパプリカパウダー。普段は味わえない風味を楽しむことが出来ます。具材もたっぷりで栄養満点、冬にあったまります。一晩置いて翌日に火を入れて食べるとより美味しいです。煮込み料理のレパートリーの一つとして楽しむことをおススメします。

ヨーロッパカテゴリの最新記事