[タイ]政府公認の5種類の絶品料理をお家で楽しむ(通販・お取り寄せレビュー)

[タイ]政府公認の5種類の絶品料理をお家で楽しむ(通販・お取り寄せレビュー)

タイ国政府認定「クンテープ」

大阪で人気のタイ料理店の味がお取り寄せセットで家でも楽しむことが出来ます。クンテープはルクアや道頓堀にお店を出しているタイ国政府認定のお店で、タイ人スタッフによりまさに本場の味を楽しむことの出来るレストランとしても有名です。タイ料理は辛い!というイメージがありますが、辛いだけでなく酸っぱさやスパイスを絶妙なバランスで調理されているので、食べ始めると病みつきになります。夏にはスタミナフードとして、冬にはスパイシーで体のあったまる食事として、楽しむのもお勧めです。

本格タイ料理5種セットを実際に食べてみた

タイ料理といえば!な5種類の料理が冷凍セットを注文しました。「大人の週末 お取り寄せクラブ」で注文すると送料が無料なのが非常にうれしくコスパも抜群です。注文確定後に調理師、急速冷凍の後に出荷されるので、到着には1~2週間かかります。湯煎するだけ、簡単に美味しく食べることが出来るのもうれしいポイントです。

5種類の内容は以下です。
・チキンライス
・トム・ヤン・クン
・グリーンカレー
・豚肉のホーリーバジル炒め
・マッサマンカレー

トム・ヤン・クン以外にはライスも付いてきます。量も十分ですので、我が家では2名X2回の食事で楽しみました。ライスはタイ米かジャスミンライスで、湯煎して封を開けた瞬間に「タイの食事」の香りがします。タイ料理には絶対タイ米が合いますよね。

チキンライス カオマンガイ

チキンライスといえば、私はシンガポール料理を思い浮かべるのですが、タイ料理にもカオマンガイと呼ばれるチキンライスが存在します。大きな違いはソースのようです。クンテープのチキンライスには、醤油ベースの生姜の効いたタレをかけて食べます。このタレが美味しくチキンと米というシンプルな料理ですが、食が進みます。チキンもしっとりとしていて、パサつきもなく、自分でこんなしっとり調理するのはなかなか難しいかなと思います。タレはたっぷりついていますので、余ったたれを野菜炒めに和えて残さず楽しみました。

トム・ヤン・クン

初めてトムヤンクンを食べたときは、酢っぱ辛くて何これ?!と思ったものですが、今となっては食べ始めると病みつきです。海老が丸ごと入っていて満足感があります。海老の出汁がしっかり出たスープにレモングラスやこぶみかんといったタイハーブ、そして辛さも効いていますがココナツミルクでまろやかさも追加されています。やはり、レトルトなどで手に入るトムヤンクンとは絶対に違う味わいです。

食欲を刺激されるので、暑くて食欲のない時はもちろん、寒い冬でも食べた後は体ぽかぽかになることが出来ます。

グリーンカレー

グリーンカレーらしくしっかり辛いですが、辛いだけでなくココナツミルクとタイハーブの深みのある味です。辛いけど次々食べたくなる味で、ごはんが進みます。

豚肉のホーリーバジル炒め

日本でもポピュラーなガパオライス。普通のバジルではなく、タイでとれるホーリーバジルがまるっと入っているのでとってもいい香りです。醤油とオイスターソースベースの味がしっかりしていて、ご飯が何倍でも食べれそうです。

マッサマンカレー

世界一美味しい料理に選ばれて一躍有名になったタイ料理のマッサマンカレーは、最近ではレトルトも多く出て無印等でも売られるようになってきました。タイのカレーというとどうしてもグリーンカレーのイメージが強く、辛いと思われがちですがマッサマンカレーはまろやかな味が特徴です。レトルト等で食べると、全く辛みがないものもありますが、クンテープでは少し辛みあります。ココナツミルクのまろやかさとピリ辛が良いバランスで、ホロホロのチキンとジャガイモが具になっています。こういうカレーには日本の米ではなく、タイ米が美味しく食べられる秘訣かもしれないですね。

勝手に評価(個人的な意見です)

コスパ: ★★★★★ 5/5   お手軽に購入できる価格

味:   ★★★★☆ 4/5   タイ料理はレトルトも多いですが、お店の味は格別です 

リピート:★★★★☆ 4/5   自分では作れない、エスニックな気分が味わいたいときにはこれ!

海外気分:★★★★☆ 4/5   ポルトガルの居酒屋気分が味わえる

総合:  ★★★★☆

購入方法

店舗名:クンテープ

ホームページ:http://www.krungtep.co.jp/

購入はこちら:https://www.otoshu.com/c/50/8500453?gclid=CjwKCAiA1uKMBhAGEiwAxzvX92-lxZxyUH70_t9e5c5lMYZNemUi4Ld8xcWBiI9T9pDAlpmJkqaVABoCWKYQAvD_BwE

住所:大阪市中央区道頓堀1-6-14 平松扇谷ビル

タイカテゴリの最新記事